2014年05月27日

天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(3)

한국어 English
第一章 変革的メシヤリーダーシップの概念

3、文鮮明総裁のリーダーシップの特性要素

1)祈祷 祈祷は、文鮮明総裁が天の父母様(神様)を動かし、世界を変化させた大変重要な媒介体であった。例えば、1941年、文総裁が日本に留学するとき、「不肖小生、今旅立ちますが、帰ってくる時まで、神様、この民族を守っていてください」と真剣に祈られた。それゆえに、第二次世界大戦の時、韓国は一度も爆撃を受けなかった。(み言選集第197巻75頁)このように死生決断の祈祷は天の父母様を動かし、世界に影響を与えて、歴史を変革させる力を発揮する。 それでは、リーダーシップを開発のための祈祷の重要な役割について調べてみよう。

a、言葉の実体 祈祷の第一目的は、自分自身と他人を天の父母様のみ言(リーダーシップ)に従わせることによって、み言(リーダーシップ)の実体になるためである。したがって、人格を完成した真のリーダーの日常生活は、それ自体がまさに祈祷である。(み旨の道、人格)

b、天の父母様を動かす 真のリーダーは、天の父母様を動かすことができる「立場」に立たなければならない。それでは、この「立場」とはどのような状況を意味するのか?天の父母様は最も孤独で危険な状況の中でも確信に満ちた大胆な人の祈祷を好まれる。そして、そのような祈りをお聞きし、状況を変化させてくださる。(み旨の道、祈祷)

c、霊的な威厳 真のリーダーは、祈祷生活を通じて顔に霊的な威厳を備えなければならない。このように霊的な世界を主管して、原理的な生活を送れば確信に満ちた真のリーダーになることができる。(み旨の道、祈祷)

d、感化力 真のリーダーは、自分の祈祷によって、先ず自分が感化されなければならない。このように、祈りを通して、自分と他人を感化させる方法を学ぶことができる。(み旨の道、祈祷)

e、分別力 祈祷生活を続けると、霊的に明るくなって、善悪を見分ける能力と感性が鋭くなる。(み旨の道、祈祷)

f、人類愛 み言と祈祷の究極の目標は、人類に対する愛の実践である。したがって、真のリーダーは、自分や家族よりも人類のために祈らなければならない。結果的に、人類が成し遂げた成果による恵沢が自分に帰ってくる。(み旨の道、心情)

g、精誠 祈祷は精誠(真心)を集中することである。人類の歴史に名を残す、偉大なリーダーたちは、能力ではなく、最高の精誠(真心)を投入する人々である。(み旨の道、祈り)

h、時には祈りより実践が重要(み旨の道、実践) 同じ環境の中で、同じ能力を持ったリーダー達の中で、もっと実践した者が勝つ。

prayer 3.jpg天一国プロジェクト 「変革的メシアリーダーシップ」(1)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(2)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(4)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(5)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(6)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(7)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(8))
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(9)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(10)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(11)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(12)
posted by cigtimes at 03:02| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください