2014年05月29日

天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(6)

한국어 English
第1章 変革的メシヤリーダーシップの概念

3、文鮮明総裁リーダーシップの特性要素

5)恩讐を友に変革する

日本留学中、文鮮明総裁は誰よりも日本人を愛した。お金が出来たら、全てのお金を友人にあげて、日本を愛する条件を立てた。また、時には弱い人を助けるために、暴力団に立ち向かって闘った。

その結果、多くの日本人の友人は、文総裁を「最高の親友」(親分)と呼び、自分たちの秘密を全て打ち明けた。(=自然屈服)文総裁は、「英雄とは、恩讐を友に変革する(変える)ことができる人である。真のリーダーは、恩讐を打つ前に、先ず愛さなければならない。その反対に、人を好きになれない者は真のリーダーになることができない」と教えた。

従って、真のリーダーは、自分の恩讐たちを愛し、友に変革することによって、彼らが自ずと「胸の内(秘密)を全て打ち明けて」、真心からリーダーに従うようにしなければならない。

参考)「愛は恩讐を友に変革することができる唯一の力である。」 -マーティン·ルーサー·キング-

6)克己

文総裁は、「自分自身を主管することができれば、世界を主管することができる」と強調され(み言選集(81巻)145項)、精神力を強くし、肉体の欲望を弱くするために、主に克服すべき三つの欲望、即ち睡眠、空腹、性欲を主管する訓練をした。

そのために、文総裁は、徹夜と断食と一人暮らしで、自らを訓練した。毎日1日2食の生活を続けたため、30歳までお腹が空かない日がなかった。「お腹が空いていることを考える以上に、祖国と天の父母様(神様)をもっと愛さなければならない」と決心した。(み言選集(15巻)183-184項)又、何時もぼろ服を着て、冬には新聞紙を被って外で寝た。そして、多くの女性たちの誘惑を振り切った。

このように、真のリーダーは、克己を通じて自我主管の勝利者になることによって、人々と世界を指導することができるのである。

天一国プロジェクト 「変革的メシアリーダーシップ」(1)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(2)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(3)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(4)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(5)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(7)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(8))
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(9)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(10)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(11)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(12)
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください