2014年05月31日

天一国のプロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(8)

한국어 English
第1章 変革的メシヤリーダーシップの概念

3、文鮮明総裁リーダーシップの特性要素

10) 経験

文鮮明総裁は、最低水準から最高水準まで、多様な生活様式を経験された。何故なら、「日本を誰よりも愛する」と決心したからだ。(佐々木達雄、文鮮明牧師の生涯1935-1961、5項)それで、労働者たちの心を理解するために、人々が嫌がる仕事を全て引き受け、造船所や飛行機会社で肉体労働をしながら、スラムの貧しい人たちと一緒に、シラミだらけの布団を被って寝た。農業の父の如くに農業を愛し、一流の漁師であった。

時には、金持ちの生活を体験するために、貯めたお金で、高級ホテルに泊まったり、娼婦たちの生活談を聞くために、東京の居酒屋に立ち寄ったりもした。このような生活体験を通じて、文総裁は、「常に新しく挑戦する」とういう刺激を受けた。(=挑戦精神)(CARP、父の路呈(21日&7日セミナー用、8項)

このような「経験」を土台にして、文総裁の人生「哲学」が形成された。「人に与えたことは忘れ、人から貰ったことは絶対に忘れるな」と強調し、常に労働者が働いた分以上、上乗せして払おうと努力した。(CARP、父の路呈(21日&7日セミナー用、8項)このようにして、文総裁は、労働者たちを救援するために、「労働者達の父」になったのである。

従って、「メシヤ型真のリーダー」は、人間のすべての生活様式を経験することによって、人々の心を理解し、自分の人格と能力を開発することによって、資質を備えたリーダーにならなければならない。そうすることによって、人々に対してすべての責任を負うことが出来、彼らの「悲しみを喜びに変革する」ことによって、彼らを救うことができるのである。

11)判断力

文総裁は、一目で人々の性格を判断することができた。「真のリーダーは、人の性格を研究することによって、彼/彼女自身のリーダーシップを開発しなければならない」と強調し、眼科専門医が目を見ただけで症状を判別できるのと同じく、真のリーダーは、肯定的な人なのか、否定的な人なのかを判断できる観察眼を鍛えなければならないと教えた。

天一国プロジェクト 「変革的メシアリーダーシップ」(1)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(2)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(3)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(4)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(5)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(6)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(7)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(9)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(10)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(11)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(12)
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください