2014年06月04日

天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(12)

한국어 English
第一章、変革的メシヤリーダーシップの概念

5)変革的メシヤリーダーシップと現代リーダーシップ

変革的メシヤリーダーシップと三つの現代リーダーシップを比較してみよう:変革的リーダーシップ、取引型リーダーシップ、サーバントリーダーシップ。変革的リーダーシップ(Transformational leadership)は、尊敬と信頼の対象であるリーダーが、インスピレーションを呼び起こし、方向性を定める。メンバーは、共通のビージョンと価値観の為に献身する。(例:孫正義、日本ソフトバンク会長)取引型リーダーシップ(Transactional leadership)は、成果に応じた報酬と処罰で、メンバーがルールを遵守するようにする。変革的リーダーシップと異なって、未来を変えようとしない。危機や緊急時に有効である。サーバントリーダーシップ(Servant leadership)は、リーダー自身の利益よりも、メンバーの利益を優先し、メンバーの能力開発と力量強化に重点を置く。

一方、変革的メシヤリーダーシップは、メンバーの潜在能力を開発して、霊肉生活の変革を体恤することによって、人々に同じ変革を体恤することができるように指導する力量を養うことが目的である。現代リーダーシップは、人間の視点に重点を置く半面、変革的メシヤリーダーシップは、天の父母様の視点に重点を置く。つまり、メシヤ型変革的リーダーは、(1)天の父母様の心情を自分のものとして体恤する。(2)世を動かす前に、天の父母様を動かす。(3)人々を救援するために、全責任を負う。(4)悲惨な状況を変革し、天国に転換する。(霊的、経済的、政治的な問題を解決する)(5)恩讐たちを変革して、天の父母様の子女に転換する。

6. 結論

「天一国プロジェクト」を通じて、文鮮明総裁は、日本留学期間中(1943年〜1941年)、個性完成に至った根拠を探索してみた。

文総裁の日本留学期間は、第一に、モーセのパロ宮中生活に似ていた。第二に、天の父母様(神様)のみ言を復帰する為の期間だった。第三に、「天の父母様の心情をご自身のものとして体恤」することによって「個性完成」に至った。

私たちは、文総裁の勝利的な伝統を相続することによって、先ず自分自身の中に、そして隣人や教会と機関、又地域社会と進んでは世界に、「実体的に永続できる健康な天国を創建」する、触媒になることができると確信する。

「メシヤ型真のリーダー」は、決して環境によって左右されてはなならず、むしろ環境を主管する主人公にならなければならない。「モーセは、華やかなパロ宮殿で生活していたが、「それがどうした?」と小さく見て、天の父母様の国(祖国)をもっと大きく考えた。そのため、彼は天一国(祖国)のリーダーになることができた。」(み旨の道、指導者)

天一国プロジェクト 「変革的メシアリーダーシップ」(1)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(2)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(3)
天一国プロジェクト「変革的メシヤリーダーシップ」(4)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(5)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(6)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(7)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(8))
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(9)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(10)
天一国プロジェクト 「変革的メシヤリーダーシップ」(11)
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください