2014年01月31日

「第47回真の父母様の日」敬礼式

한국어
今朝の7時、神奈川県川崎教会で敬拝式を捧げました。

敬拝式の後、777家庭の江澤婦人に真のお父様が現れて、私が「アリランを歌ってほしい」、と言われたそうです。それで「故郷無情」を先に歌て、「歌に関するお父様のみ言」を紹介してから、皆で「アリラン」を合唱しました。日韓一体の象徴であると感じました。

先週の日曜日、清平で頂いた「聖衣」を川崎教会に貸して、女性の食口だけ服を着て写真を撮りましたが、「パーカー型の服だから、頭から被る感じで着なければならなかったため、真のお母様と完全に一体になる感じだった」、と和田教会長が証をして下さいました。
1619179_702532579778849_1440112663_n-horz.jpg
一緒に歌った杉林進治氏(左) 「聖衣」を着て写真撮影(右)
「特集」聖和二周忌
先祝福 後経済
霊界協助と伝道
母国再生の為に
夢の中でお父様を通訳しました
天一国維新の会
「一兆ドルの記念コイン」の証
「2013天一国元年世界指導者前進大会」に参加して‏
在日同胞、李受璘女史の証
【チューリップ•ソナタ】 第1部
【チューリップ•ソナタ】 第2部
「第47回真の父母様の日」敬礼式
清平役事19周年記念特別大役事レポート
音楽とヒーリング
地域経済活性化と神氏族メシヤの役割
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 간증 証し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください