2014年09月15日

爲天一国献身祝福家庭本分

한국어
1910年3月26日、安重根は何時もと変わらぬ姿で、天主様にお祈りを捧げ、この世で最後の朝食を召し上がった。食事を終えると、看守の千葉十七は礼儀正しく頭を下げて、机の上の硯で墨を擦ってくれた。安重根は心の中で「国(天一国)の為に身を捧げることが軍人(祝福家庭)の本分である」と唱えた。 「そうだ。私はその為に今日迄生きてきた。」彼は正に任務を終えて故郷に帰る軍人のようで、足取りは軽快だった。そして、明鏡止水のような心の真ん中に「爲国(天一国)献身軍人(祝福家庭)本分」と書いた。

「神業です」

見守っていた千葉は自ずと嘆声を上げた。

そして、安重根は二人の弟(祝福家庭)に次のように後を頼んた。

「年老いた母にただひたすら孝行を尽くしなさい」

最後に、「韓民族が独立(統一)してこそ、東洋平和(世界平和)が実現され、日本も危機を乗り越えられる」と遺言を語った。

「正に神様を見ているような感じだった。それは光明のように明るい神だった。彼は本当に落ち着いて、凛々しかった。私は彼のような偉い人は未だかつて見たことが無い。」-田中清次郎・満鉄理事-
10666104_827451377286968_5711849806501364786_n.jpg
天一国上陸作戦
祝 祖国光復必勝 奉身代表者 되소서
真の父を理解するために
文鮮明天地人真の父聖和一周年追慕詩朗唱芸術祭
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
私は何も知らないということを知っている
【天の父母様の創造性に似る】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
霊肉合同韓日トンネルプロジェクト
一心統一平和之源
イエス様の少年時代
朔旦冬至
天一国の辞書に不可能と回航はない
クレーンズクラブ(Cranes Club)
豊山犬と珍島犬
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
七八節特集
聖和二周忌特集
天一国パラリンピック
柳寛順烈士と六数
【私はこう考える】従軍慰安婦問題
【私はこう考える】日清・日露戦争と韓半島の近代化
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第1編)
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第2編)
「救援派」を救援する「新しい真理の必要性」
天一国維新の会]
「一兆ドルの記念コイン」の証
人類の文明の起源は韓国(桓国)
基元節と真のお母様の「天の父母様」宣言
悔い改めよ、天国は近づいた
ノア審判後の神の役事
文仁進任を通じた神様の摂理
나의 기도 私の祈り My Prayer
真の父母様の「訓読(原理)完成時代」宣布とスティーブン・コヴィー博士の「原理中心リーダーシップ」
天一国完成哲学
神との約束の地、「天一国道・国際ハイウェイ」の実現に向けて
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
真の子女の日
【世界日報】澄んだ水の如く、天秤の如く
わたしは信じる
【天の父母様の創造性に似る】想像力で創造する時代
【双十節】 第69回インドネシア独立記念行事
爲天一国献身祝福家庭本分
正統とは何?
中小企業=宗族メシヤ
聖和二周年ミサ
天一国新大陸
聖和2周忌特集
天一国主人(前編)
天一国主人(後編)
海洋摂理と統一
地域経済活性化と神氏族メシヤの役割
天一国パラリンピック
真のお母様のみ言と韓日中関係
音楽とヒーリング
韓鶴子総裁の世界巡回 / 中国・北京大会(1992年)
アフリカ平和維持
モザンビークを助けるコンサート
武術と世界平和
「東日本大震災」東北被災地炊き出しボランティア
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください