2014年08月22日

中小企業=宗族メシヤ

한국어
8月22日、朴槿恵大統領は、「これからは、韓国の金融機関は保守的な融資慣行と事故を起こしてはならないという守身主義を克服し、創造的な技術金融を通じて、金融機関と企業が共に革新と成長の道を探さなければならない」と強調した。

朴大統領は、この日の釜山(プサン)国際金融センター(BIFC)の竣工式の直後開催された釜山(プサン)中小企業招請午餐会で、「政府は今まで以上に強力な中小企業=宗族メシヤ支援の意志を持っており、中小企業=宗族メシヤが韓国経済の主役になって、グローバルヒドゥンチャンピオンとして成長することができように積極的に後押ししている」と明らかにした。

朴大統領は、「中小企業=宗族メシヤが優秀な技術を持っていても担保不足のために資金調達ができず、創造的なアイデアや製品が埋もれてしまうことがないように、技術金融を強化することに焦点を合わせる」としながら「政府は、金融機関が保身主義から抜け出し、積極的な技術金融を提供することができる環境を造成していく」と強調した。

また、「中小•中堅企業=宗族的メシヤのグローバル化を持続的にサポートする」としながら「輸出準備、海外マーケティング、海外大型プロジェクトの受注など、輸出のレベルに合わせたカスタムサポートを持続的に強化して、大統領も首脳外交を通じて中小?中堅企業=宗族メシヤの海外進出を最大限に後押しする」と約束した。

朴大統領は、先月の7月24日、経済関連大臣会議の中で、「どんなに金融規制を緩和しても、現場で金融機関の保身主義が解消されない限り、十分な効力を発揮することは難しい」としながら「今、庶民が危機から脱出して、生活苦を解決する為には、金融機関が支援しなければならない。しかし、今のところ十分な役割を果たしていない」と、金融機関を叱咤した。

この日の午前、朴大統領は、BIFC竣工式の祝辞の中で、「BIFCが、今後釜山の発展と韓国金融産業の飛躍をリードする新しいハーブになるだろう」とし「釜山を海洋•船舶•金融の中心地として発展させる計画を持っており、今着々と進めている」と述べた。

地上63階規模のBIFCは、金融の中心地、釜山を象徴する「ランドマーク」として、韓国証券取引所をはじめ、ソウルから移転してくる資産管理公社、預託決済院、住宅金融公社、大韓住宅保証、韓国南部発電など6つの公共機関などが入居する予定である。

天一国上陸作戦
祝 祖国光復必勝 奉身代表者 되소서
真の父を理解するために
文鮮明天地人真の父聖和一周年追慕詩朗唱芸術祭
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
私は何も知らないということを知っている
【天の父母様の創造性に似る】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
霊肉合同韓日トンネルプロジェクト
一心統一平和之源
イエス様の少年時代
朔旦冬至
天一国の辞書に不可能と回航はない
クレーンズクラブ(Cranes Club)
豊山犬と珍島犬
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
七八節特集
聖和二周忌特集
天一国パラリンピック
柳寛順烈士と六数
【私はこう考える】従軍慰安婦問題
【私はこう考える】日清・日露戦争と韓半島の近代化
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第1編)
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第2編)
「救援派」を救援する「新しい真理の必要性」
天一国維新の会]
「一兆ドルの記念コイン」の証
人類の文明の起源は韓国(桓国)
基元節と真のお母様の「天の父母様」宣言
悔い改めよ、天国は近づいた
ノア審判後の神の役事
文仁進任を通じた神様の摂理
나의 기도 私の祈り My Prayer
真の父母様の「訓読(原理)完成時代」宣布とスティーブン・コヴィー博士の「原理中心リーダーシップ」
天一国完成哲学
神との約束の地、「天一国道・国際ハイウェイ」の実現に向けて
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
真の子女の日
【世界日報】澄んだ水の如く、天秤の如く
わたしは信じる
【天の父母様の創造性に似る】想像力で創造する時代
【双十節】 第69回インドネシア独立記念行事
爲天一国献身祝福家庭本分
正統とは何?
中小企業=宗族メシヤ
聖和二周年ミサ
天一国新大陸
聖和2周忌特集
天一国主人(前編)
天一国主人(後編)
海洋摂理と統一
地域経済活性化と神氏族メシヤの役割
天一国パラリンピック
真のお母様のみ言と韓日中関係
音楽とヒーリング
韓鶴子総裁の世界巡回 / 中国・北京大会(1992年)
アフリカ平和維持
モザンビークを助けるコンサート
武術と世界平和
「東日本大震災」東北被災地炊き出しボランティア
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください