2014年07月26日

天一国主人(前編)

한국어
舊約時代を導いた「モーセ」は、イスラエル民族を奴隷意識から目覚めさせたリーダーだった。イスラエル民族が出エジプトするとき、十大奇跡をもって、パオロ王を審判した理由は、「現実歴史を支配する存在」は、パオロ王ではなく、「天の父母様」であることを見せることによって、パオロ王(=現実)に対する恐怖心の虜になっていたイスラエル民族の奴隷根性を分立するためであった。しかし、出エジプト後、彼らは現実が苦しく厳しい時は、エジプト生活を憧れながら、帰りたいと不平不満を度々言った。結局、モーセは、パオロの軍隊よりもっと恐ろしいイスラエル民族の奴隷根性と40年間戦わなければならなかったのである。

奴隷を解放したリンカーン大統領も、モーセに似て試練を通過した。リンカーン大統領が南北戦争に勝利し、黒人奴隷達を解放すると、彼らは熱狂的に白人達を呪った。 しかし、解放の喜びも暫くの間だけ、奴隷として生きながら何も出来なかった彼らは、冷酷な現実の生存競争に直面すると、生活苦に喘いだ末、再び白人の主人に戻り、自ら奴隷を志願した。彼らの奴隷根性が復活したのだ。人々は、「黒人達にパンを与えるのではなく、教育を与えなければならなかった」と嘆いた。教育が欠乏すると
、世間知らず生存競争に振り回され、善悪の判断力も薄れ、奴隷根性に陥りやすいからである。

結果的には、イスラエル民族の出エジプト(=奴隷解放=8.15光復元)は一瞬の出来事だったが、奴隷意識を捨てるまで40年もかかった。人間の中身の変化、即ち意識が変わらない限り、真の解放は有り得ない。奴隷根性とは、「自ら判断できず、判断の主人公を自分ではなく、他人に委ねること」である。結局、自分の判断能力がない故に、周りの様子を気にする。実は、奴隷として生きることは便利な生き方だ。悩ましい判断と行動を主人に委ねれば楽だからだ。

韓国は、1948年憲法を制定しながら、「主権は国民から出てくる」と宣言したが、その体質と意識の中に長い間根付いた奴隷根性は簡単に消えなかった。朴正熙大統領は、そのような他人によって支配された習性と派閥争い、偽善、屈従、自立性の欠乏等を「第二の天性」と指摘し、「国土両断という悲劇と不幸を招いた現実の原因は、第一に言うまでもなく我が民族の内にある」と診断した。彼は、「私は自分の運命を自分自ら決定できる主人である」(=天一国主人)という人間革命による社会再建を訴えたのである。

天一国上陸作戦
祝 祖国光復必勝 奉身代表者 되소서
真の父を理解するために
文鮮明天地人真の父聖和一周年追慕詩朗唱芸術祭
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
私は何も知らないということを知っている
【天の父母様の創造性に似る】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
霊肉合同韓日トンネルプロジェクト
一心統一平和之源
イエス様の少年時代
朔旦冬至
天一国の辞書に不可能と回航はない
クレーンズクラブ(Cranes Club)
豊山犬と珍島犬
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
七八節特集
聖和二周忌特集
天一国パラリンピック
柳寛順烈士と六数
【私はこう考える】従軍慰安婦問題
【私はこう考える】日清・日露戦争と韓半島の近代化
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第1編)
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第2編)
「救援派」を救援する「新しい真理の必要性」
天一国維新の会]
「一兆ドルの記念コイン」の証
人類の文明の起源は韓国(桓国)
基元節と真のお母様の「天の父母様」宣言
悔い改めよ、天国は近づいた
ノア審判後の神の役事
文仁進任を通じた神様の摂理
나의 기도 私の祈り My Prayer
真の父母様の「訓読(原理)完成時代」宣布とスティーブン・コヴィー博士の「原理中心リーダーシップ」
天一国完成哲学
神との約束の地、「天一国道・国際ハイウェイ」の実現に向けて
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
真の子女の日
【世界日報】澄んだ水の如く、天秤の如く
わたしは信じる
【天の父母様の創造性に似る】想像力で創造する時代
【双十節】 第69回インドネシア独立記念行事
爲天一国献身祝福家庭本分
正統とは何?
中小企業=宗族メシヤ
聖和二周年ミサ
天一国新大陸
聖和2周忌特集
天一国主人(前編)
天一国主人(後編)

海洋摂理と統一
地域経済活性化と神氏族メシヤの役割
天一国パラリンピック
真のお母様のみ言と韓日中関係
音楽とヒーリング
韓鶴子総裁の世界巡回 / 中国・北京大会(1992年)
アフリカ平和維持
モザンビークを助けるコンサート
武術と世界平和
「東日本大震災」東北被災地炊き出しボランティア
ラベル:天一国主人
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください