2014年06月06日

【私はこう考える】 集団的自衛権問題(第1編)

한국어
日本は、平和憲法によって戦争しない国になったおかげで、これまでその余力を経済に集中することができました。言い替えれば、敗戦の悔しさを抑えるために、産業の現場で全力投入したわけです。

しかし、今日の日本が抱えている悩みは、長く続いた平和の副作用として、一才とは違って、若者たちが覇気を失っているという事実です。在日同胞企業「マルハン」の韓昌祐会長は、東南アジアに比べて、日本の若者たちはもやしみたいに、覇気、緊張感、危機意識、チャレンジ精神がなく、弱すぎると指摘しながら、この点が正に、安倍首相の悩みだと言いました。

覇気や緊張感、危機意識、チャレンジ精神は、まさに軍人精神であり、男性的な気質です。朴正煕大統領も、このような軍人精神を持って、韓国を復興させることができました。軍隊のない日本はまるで去勢された男性と同じなので、日本の男性たちは弱そうに見えるのです。 「ニラ」のような健康食で補っても不十分だと思います。

日本の再武装は対外的には中国を牽制するという理由もありますが、しかしながら、軍事力だけで中国に対応することはできません。なぜなら、中国は昔からの産児制限ポリシーによって男性が約3千万人程度余っていると言われています。(日本の議員たちに配布された資料)そして、中国政府は彼らが日本人と結婚するように進めているのです。日本には、すでに100万人を超える中国人が来ています。(在日同胞60万)また、孔子学院やスパイ機関として知られている中国大使館、日本の右翼を代表するヤクザ包摂等日本国内で着々と基盤を広げています。(同資料)

また、水原を購入する不動産業への進出も盛んに行われ、日本が中国に丸ごと飲み込まれるのではないかという危機意識が高まっていました。そんな中、天の父母様のご加護で2011年に起こった東日本大震災による放射能の災いのために、中国の日本進出への野望にブレーキがかかり、多くの中国人が日本から離れました。

しかし、未だ中国が日本を丸ごと飲み込もうとする野心を放棄したわけではないため、日本としては対策を講じざるを得ないのです。(第2編に続く

天一国上陸作戦
祝 祖国光復必勝 奉身代表者 되소서
真の父を理解するために
文鮮明天地人真の父聖和一周年追慕詩朗唱芸術祭
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
私は何も知らないということを知っている
【天の父母様の創造性に似る】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
霊肉合同韓日トンネルプロジェクト
一心統一平和之源
イエス様の少年時代
朔旦冬至
天一国の辞書に不可能と回航はない
クレーンズクラブ(Cranes Club)
豊山犬と珍島犬
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
七八節特集
聖和二周忌特集
天一国パラリンピック
柳寛順烈士と六数
【私はこう考える】従軍慰安婦問題
【私はこう考える】日清・日露戦争と韓半島の近代化
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第1編)
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第2編)
「救援派」を救援する「新しい真理の必要性」
天一国維新の会]
「一兆ドルの記念コイン」の証
人類の文明の起源は韓国(桓国)
基元節と真のお母様の「天の父母様」宣言
悔い改めよ、天国は近づいた
ノア審判後の神の役事
文仁進任を通じた神様の摂理
나의 기도 私の祈り My Prayer
真の父母様の「訓読(原理)完成時代」宣布とスティーブン・コヴィー博士の「原理中心リーダーシップ」
天一国完成哲学
神との約束の地、「天一国道・国際ハイウェイ」の実現に向けて
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
真の子女の日
【世界日報】澄んだ水の如く、天秤の如く
わたしは信じる
【天の父母様の創造性に似る】想像力で創造する時代
【双十節】 第69回インドネシア独立記念行事
爲天一国献身祝福家庭本分
正統とは何?
中小企業=宗族メシヤ
聖和二周年ミサ
天一国新大陸
聖和2周忌特集
天一国主人(前編)
天一国主人(後編)
海洋摂理と統一
地域経済活性化と神氏族メシヤの役割
天一国パラリンピック
真のお母様のみ言と韓日中関係
音楽とヒーリング
韓鶴子総裁の世界巡回 / 中国・北京大会(1992年)
アフリカ平和維持
モザンビークを助けるコンサート
武術と世界平和
「東日本大震災」東北被災地炊き出しボランティア
ラベル:集団的自衛権
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください