2015年02月02日

【フィクションインタビューシリーズ4】平和を愛する四溟堂(サミョンダン)

한국어
文禄・慶長の役当時、日本の将軍と堂々と交渉を行い、250年間の韓日友好平和条約を導き出した惟政(ユジョン)四溟大師!四溟大師にインタビューし、その秘訣を聞いてみた。

金金山:1594年、加藤淸正と朝鮮の運命を決定した西生浦(ソセンポ)会談について聞かせて下さい。

四溟大師:加藤と談判しながら今まで知らなかった重要な情報を得ました。明と日本が、韓国の漢江以北の4道を朝鮮国王に返還し、以南の4道を日本に割譲するという条件で極秘裏に講話会談を進めていたことが分かりました。

金:すでに四百年前から韓半島分割統治の試みがあったんですね。

四溟:実は、当時加藤と小西行長は競合関係にあったが、彼らを分裂させる作戦が劇的に成功し、結局韓半島分割統治計画は実現されませんでした。しかし、韓半島分割という良くない先例を残しました。

加藤清正:そのとき、大師の大胆さは私の想像を遥かに超えるものでした。「あなたの国に宝があるのか」と尋ねると、大使は「私の国に宝はない。宝は日本にある」と答え、「それはどういう意味なのか」と聞くと、「私の国民はあなたの首を宝だと思っている。だから宝は日本にあるのではないか」と澱みなく語るその度胸には、私も舌を巻くほどでしたね。

金:それから1598年に文禄・慶長の役が終わった後、渡日して戦後処理の交渉を行う際、德川家康幕府が8万人の大兵力を率いてきたわけですが、その時の気持ちは如何でしたか?

四溟:私を脅すつもりだったでしようが、少しも揺れませんでした。「貴方は何の山鳥(汝爾何山鳥)鳳凰の遊ぶところに来たのか(來參鳳凰群)」と徳川に聞かれ、「私は元々青山の鶴だったが(我本靑山鶴)間違ってキジの群れの中に落ちた(誤落野鷄群)」と堂々と応酬しました。

徳川家康:実にその大胆さには本当に感服しました。その一言ですべてが一気に進んだわけです。文禄・慶長の役の時、私は自分の軍隊を朝鮮に派遣してませんし、今後も戦争を起こすつもりはなく、講和を望みました。

四溟:しかし、その前提条件として、日本が戦争を起こした過ちを認め、それに対する謝罪と補償をすべきだと堂々と主張し、結果的には捕虜送還の約束を含め講和会談は大成功しました。

金:それから250年余り続いた韓日平和時代はすべて大師のお陰です。大師が挿した杖に根が生え、成長したと伝わる花梨にまつわる話ですが、1993年8月10日に密陽市にある霊鷲山の大法寺にあった花梨を他の場所へ移そうとしたが、突然工事が中止されましたね。

四溟:そのとき、知恵という住職を訪ねて「私が4百年間この木を守ってきたのに、何故あなたが処分しようとしているのか。私は何処にも行かない」と怒鳴りつけた覚えがあります。

金:大師を称える海印寺の弘濟庵にある表忠碑(ピョチュンビ)に関する話です。日帝時代に表忠碑の気を遮断するために、碑の周りにタバコ倉庫を作ったり、池を掘ったり、色んな騒ぎの中で碑にひびが入り、それに関わった多くの人々が突然死したそうですね。

四溟:そうです。今は、その傷もほとんど治ったので、間もない内に南北は統一されるでしょう。だから、8.15光復時のように今も表忠碑が汗をかいでいるんですよ。

金:それは縁起の良い話ですね。大師の功徳で韓日善隣友好と南北平和統一の扉が大きく開かれることを切に願います。最後に、南北統一について一言お願いします。

四溟:今は、大胆なリーダーが必要です。私が素手で虎の巣に飛び込み、加藤清正や徳川家康と談判したように、一人で北朝鮮の平壌に入り金正恩と談判するほど度胸のある人物がいたら、私は全面的に応援しますよ。しかし、残念ながら今のところ南にそんな人は一人もいませんね。この頃、北朝鮮から数百名が来ただけで震え上がってあんな騒ぎを起こす情けない姿を見ると、恥ずかしくて顔を上げることすらできません。むしろ世の非難を押し切って、韓国を訪れた北朝鮮の方が遥かに立派に見える。恐らく、この際に天運は北朝鮮に移るかもしれない。天はより冒険する人の味方ですからね。
bbe7b8edb4eb7e1~2.jpg
【インタービューシリーズ1】ドストエフスキー
【インタビューシリーズ2】諸葛亮の「鶴羽扇」
【インタビューシリーズ3】10大醜女?黄月英
【インタビューシリーズ4】平和を愛する四溟堂(サミョンダン)
【インタービューシリーズ5】平和を愛する「チャップリン」
【インタービューシリーズ6】四海同胞主義者「ベートーベン」
【インタービューシリーズ7】南北首脳、善鶴平和賞候補に
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください