2015年02月07日

「一匹狼」イスラム国家(IS)から「群れる羊」天一国(CIG)へ

한국어
昨年6月29日、スンニ派過激武装組織の指導者アルバグダディは、「イスラム国家(IS)」という「カリフ国家」の創設を宣言した。 「カリフ国家」とは、民族や人種を超えたすべてのイスラム教徒の共同体として、1928年にエジプトでムスリム同胞団を創設して以来、イスラム主義勢力の究極的な目的である。

今日ISは、英国より広い領域、スカンジナビア3国とデンマークを合わせた人口、イラクモスル中央銀行の5億ドル、毎月1200万ドル以上の税収、石油密売収入、イラク政府軍が捨てたタンクやヘリコプター、装甲車などの米国産先端装備を備えており、アルカイダやタリバン政府をはるかに超える勢力となった。

ウォールストリート·ジャーナルによると、ISの求心点は正に、終末論的な世界観であり、イスラム教創始者であるムハンマドが預言した人類最後の日に、「ダービーク(Dabiq、シリア北部の村)」で、イスラム教徒とローマ(クリスチャン又は西洋人)、即ち異教徒が最後の決戦を繰り広げるという。彼らは、「ISに降伏しなければ大洪水が地球を襲うだろう」と威嚇している。

しかし、過去に特定の自然現象や社会現象と結びつけて恣意的に解釈した時限付終末論は毎々外れた。「ダビデ派」「太陽の寺院」「天国の門」「人民寺院」「オウム真理教」「五大洋」「ダミエ宣教会」などがその代表例である。気候変動、地軸の移動、太陽風の来襲などと結びつけたマヤ暦•地球終末論(2012年12月21日)は自殺騒動を引き起こした。キャンビング牧師の「地球最後の審判日(Judgement Day)」(2013年12月18日)予言によって、離婚と自殺などが相次いだ。「信者たちを誤って導いた自分の行動を後悔して謝罪する」と彼は過去20年間の主張が間違ったことを認めた。

従って、今後ISとの対立が長期化すればするほど、罪のない市民が疑似終末論扇動に巻き込まれることが深く懸念している中で、終末に対する彼らの信仰の根幹を根本的に揺さぶることこそIS勢力を弱体化させることができる最も効果的な戦略であろう。

一方、「片手コーラン、他方の手スマートフォン」を持ったISは、SNSと英語を宣伝·扇動の武器として積極的に活用している。昨年から「ダービーク(Dabiq)」という英文のウェブマガジンを発行し、10月号「奴隷制の復活」という題目の下、女性と子供の人身売買と奴隷制を公式宣言したが、去る1月10日にトルコで行方不明になった韓国人キム·ヨンギ君(18 )は、男女同権や男女平等に対する嫌悪、又は女性に対する憎悪のためにISに加担したものと推定される。

イラクのアルパリ外相は、「ISがSNS通じて繰り広げる戦争には国境がない。第1·2次世界大戦とは比較にならないほど大規模で複雑な第三次世界大戦である」と深い憂慮を表明した。なぜなら、ISは既存のテロ組織とは異なり、米国だけでなく、中国·ロシアなど、ほぼすべての先進国相手に挑発するため、社会に不満を持つ若者らや疎外勢力は、世界の既存秩序に対して真正面から勝負をかける最も素敵な集団だと見間違えるからである。

「銃で人質を捉えているだけで恐ろしい恐怖心を与える。神の恩寵を受けるだろう」「ジハード戦士は、自分の功労証書にただ一人の殺された異教徒の名前が刻まれても、喜んで主に会える」などの扇動に呼応して、10代後半から20代の狂信者らは「シャリア法に基づいて統治される世界を作ろう」と同調している。

ISはまた、「十字軍同盟(西側諸国)に対抗する戦争」としながら「一匹狼型テロリスト」が最高だと褒め称えている。 「一匹狼」とは、テロ組織のメンバーではないが、各自の信念に基づいて、自ら行動する「自生的テロリスト」を指す。 2000年代以降登場した彼らは、世界の至る所で宗教指導者のオンライン演説や宣言映像とSNSに触れながら、アイデンティティーの混乱、差別、孤立感、疎外感から脱出するために「一匹狼」に変身している。

「ここに道を失って迷う「一匹狼孤児」がいるとしよう。彼が理想とするイスラム国家を建設したとする。しかし、同時にそこが彼の魂を埋めねばならない墓場であるということを彼は知るに至るであろう。それでは、彼か帰すべき本心の安息所はどこであるか?全人類が、真の父母様に侍り、一つの兄弟姉妹として、再び相まみえる「群れる羊大家族」即ち「天一国(CIG)」である。」

真の父母様ご来日50周年 (1965. 1. 28~2015. 1. 28)
解寃共生の祈り
解寃相生•餃子
【日本と基督教の責任】拉致監禁と人質の同時性
UPF全北発展協議会・ギム・ミョングァン会長、鮮文大に1億ウォン寄託
祝 祖国光復必勝 奉身代表者 되소서
天一国上陸作戦
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
真の父を理解するために
文鮮明天地人真の父聖和一周年追慕詩朗唱芸術祭
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
私は何も知らないということを知っている
【天の父母様の創造性に似る】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
霊肉合同韓日トンネルプロジェクト
韓鶴子総裁の世界巡回 / 中国・北京大会(1992年)
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
私は何も知らないということを知っている
【天の父母様の創造性に似る】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
霊肉合同韓日トンネルプロジェクト
真のお母様のみ言と韓日中関係
一心統一平和之源
一心統一平和之源
イエス様の少年時代
朔旦冬至
天一国の辞書に不可能と回航はない
クレーンズクラブ(Cranes Club)
豊山犬と珍島犬
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
七八節特集
聖和二周忌特集
天一国パラリンピック
柳寛順烈士と六数
【私はこう考える】従軍慰安婦問題
【私はこう考える】日清・日露戦争と韓半島の近代化
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第1編)
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第2編)
「救援派」を救援する「新しい真理の必要性」
天一国維新の会]
「一兆ドルの記念コイン」の証
人類の文明の起源は韓国(桓国)
基元節と真のお母様の「天の父母様」宣言
悔い改めよ、天国は近づいた
ノア審判後の神の役事
文仁進任を通じた神様の摂理
나의 기도 私の祈り My Prayer
真の父母様の「訓読(原理)完成時代」宣布とスティーブン・コヴィー博士の「原理中心リーダーシップ」
天一国完成哲学
神との約束の地、「天一国道・国際ハイウェイ」の実現に向けて
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
真の子女の日
【世界日報】澄んだ水の如く、天秤の如く
わたしは信じる
【天の父母様の創造性に似る】想像力で創造する時代
【双十節】 第69回インドネシア独立記念行事
爲天一国献身祝福家庭本分
正統とは何?
中小企業=宗族メシヤ
聖和二周年ミサ
天一国新大陸
聖和2周忌特集
天一国主人(前編)
天一国主人(後編)
海洋摂理と統一
地域経済活性化と神氏族メシヤの役割
天一国パラリンピック
真のお母様のみ言と韓日中関係
韓鶴子総裁の世界巡回 / 中国・北京大会(1992年)
アフリカ平和維持
モザンビークを助けるコンサート
武術と世界平和
「東日本大震災」東北被災地炊き出しボランティア
posted by cigtimes at 00:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください