2015年06月26日

【特集/韓日国交正常化50周年】 大同亜共栄圏と蒙古斑血族連合

한국어
日本の明治維新(1867)後、ヨーロッパに留学した伊藤博文を含む多くの政治家やリーダーたち(1万〜2万)は、「大東亜共栄圏」建設というスローガンの下、大日本になる為に、大東亜の秩序を再編し、アジア国民に幸福と安寧をもたらす「北東アジア平和論」を訴えた。

同じく、安重根義士は「東洋平和論」を展開し、東アジアは互いに尊重し合い、侵略せず、仲良く暮すべきであり、一国が他国を強制的に併合することは正しくないと主張した。そして、日本が天意に従って、大韓民国の独立を保全する為に対露宣戦布告をし、ロシアを撃破すると「日本がアジアの自尊心を守った」と日本を支持した。しかし、日露戦争後、日本が天を裏切ると、高慢で極悪非道であったと厳しく叱責した。

「・・・日本帝国が韓国の保全を重視してきたのは、昨日今日の話ではない。我が国と韓国は何世代にもわたって関わりをもっていたというだけでなく、韓国の存亡は日本帝国の安全保障に直接関係するからでもある・・・韓国の安全は今まさに危険にさらされ、日本帝国の国益は脅かされようとしている・・・」(日露戦争宣戦詔書(明治天皇の命令))

このように、初心を忘れた日本は日露戦争後、列強の膨張主義と帝国主義に染まり、完全に日本軍国主義の野心を満たすための大陸侵略構想へと変わって行った。

これに関連して、文鮮明総裁は、次のように語られた。「日本がもしもね、「大同亜共栄圏」を作って韓国に対して三十六年間、ずっと指導して、もしも結婚生活をしたら、完全に日本になってしまう。そうして、待遇を日本人より以上。月給にプラス一銭でもいい。一銭をプラスしてやる。それは何かというと、月給を貰った人に一銭でもプラスしてやるようなことをしたならば、日本はもう全体主義でなくなってしまう。

伊藤博文はそんなことを考えなかったね。ハルビンにおきまして、死んだんだけれどね。そういう政策をしたら、先生の摂理の仕事も容易くなったね。それを考えている。復帰するのにちょうどいい時だ。」(文鮮明先生の日本語による御言集、02. 10. 2、光言社)

今日、安倍首相は祖父•岸信介元首相の思想を受け継ぎ、「大東亜共栄圏」を目指しているようだ。「大東亜共栄圏」とは、言い換えれば13世紀のモンゴル大帝国の復活であり、ノストラダムスが預言した「アンゴルモアの大王の蘇り」とも言える。岸信介は、満州国国務院の高官として「満州開発五カ年計画」を手がけた。満州国は、モンゴル大帝国よりは小さいが、位置は同じ国家だった。

2006年、文鮮明•韓鶴子総裁は第3回蒙古斑同族連合大会で、世界人類の74%以上を占める蒙古斑同族が世界平和の為に大同団結するよう促した。「皆様、全人類の平和の王である神様を、真の父母として侍って暮らす、真の王子、王女になってください。真の父母様の祝福結婚を受けて血統転換を完成し、「蒙古斑同族連合」を「蒙古斑血族連合」に還元させましょう。これが正に皆様に下された天命であることを肝に銘じ、天宙平和統一王国創建の真なる主人になりましょう。」

今年は日韓国交正常化50周年を迎える節目の年である。しかし、今日韓は今までの外的な戦略的関係において限界に至っており、これからは内的な心情的関係により重点を置くべきである。そして、交差祝福結婚こそが「真の大同亜共栄圏」建設の礎とならなければならず、蒙古斑血族たちが大同団結し、「天一国(天宙平和統一国)」を創建することによって初めて、天の父母様が平和の王として蘇ることでしょう。
11217517_987465917952179_5132617187499367073_n.jpg
【真の平和の道】True Peace Road 2015
【天一国の統一医学】気候変動とメルスの洪水審判
ヘイトスピーチ対ラブスピーチ
2015天運相続つつじ浄化祭①
2015天運相続つつじ浄化祭レポート②
2015天運相続つつじ浄化祭レポート③
2015天運相続つつじ浄化祭レポート④
【万物の嘆きと真の主人】ネパールの邪盛大会
二つの石板と真の父母
患難のなか忠節の心情を持った真の息子と娘
私自身に勝つことが出来るのか?【天一国共同体実現】悔い改めて赦し愛して一体化
万物の真の主人「真の父母」
【南北統一の主役は女性】核兵器よりも強い真の愛
【文妍娥会長の証し】「真のお母様」
鄭充子姉、第10回40日断食のご感想(3. 30完了)
【韓半島平和のための解決策】共生と対話の対北朝鮮政策
「紅鶴の天国」ボリビア
文善進•世界会長 就任辞 要約
【偶然の一致】2015青羊の年、青い服
紀元節2周年を迎えて
神明忠昭博士のメッセージ
カイン型の文芸復興とアベル型の宗教改革
神明忠昭博士のメッセージ
「一匹狼」イスラム国家(IS)から「群れる羊」天一国(CIG)へ
真の父母様ご来日50周年 (1965. 1. 28~2015. 1. 28)
解寃共生の祈り
解寃相生•餃子
【日本と基督教の責任】拉致監禁と人質の同時性
UPF全北発展協議会・ギム・ミョングァン会長、鮮文大に1億ウォン寄託
祝 祖国光復必勝 奉身代表者 되소서
天一国上陸作戦
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
真の父を理解するために
文鮮明天地人真の父聖和一周年追慕詩朗唱芸術祭
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
私は何も知らないということを知っている
【天の父母様の創造性に似る】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
霊肉合同韓日トンネルプロジェクト
韓鶴子総裁の世界巡回 / 中国・北京大会(1992年)
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
私は何も知らないということを知っている
【天の父母様の創造性に似る】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
霊肉合同韓日トンネルプロジェクト
真のお母様のみ言と韓日中関係
一心統一平和之源
一心統一平和之源
イエス様の少年時代
朔旦冬至
天一国の辞書に不可能と回航はない
クレーンズクラブ(Cranes Club)
豊山犬と珍島犬
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
七八節特集
聖和二周忌特集
天一国パラリンピック
柳寛順烈士と六数
【私はこう考える】従軍慰安婦問題
【私はこう考える】日清・日露戦争と韓半島の近代化
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第1編)
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第2編)
「救援派」を救援する「新しい真理の必要性」
天一国維新の会]
「一兆ドルの記念コイン」の証
人類の文明の起源は韓国(桓国)
基元節と真のお母様の「天の父母様」宣言
悔い改めよ、天国は近づいた
ノア審判後の神の役事
文仁進任を通じた神様の摂理
나의 기도 私の祈り My Prayer
真の父母様の「訓読(原理)完成時代」宣布とスティーブン・コヴィー博士の「原理中心リーダーシップ」
天一国完成哲学
神との約束の地、「天一国道・国際ハイウェイ」の実現に向けて
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
真の子女の日
【世界日報】澄んだ水の如く、天秤の如く
わたしは信じる
【天の父母様の創造性に似る】想像力で創造する時代
【双十節】 第69回インドネシア独立記念行事
爲天一国献身祝福家庭本分
正統とは何?
中小企業=宗族メシヤ
聖和二周年ミサ
天一国新大陸
聖和2周忌特集
天一国主人(前編)
天一国主人(後編)
海洋摂理と統一
地域経済活性化と神氏族メシヤの役割
天一国パラリンピック
真のお母様のみ言と韓日中関係
韓鶴子総裁の世界巡回 / 中国・北京大会(1992年)
アフリカ平和維持
モザンビークを助けるコンサート
武術と世界平和
「東日本大震災」東北被災地炊き出しボランティア
posted by cigtimes at 08:18| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください