2015年07月21日

【愛天愛人愛国シリーズ1/3】牛を愛した李仲燮と帰ってきた「チックソ」

한국어
天才画家•李仲燮(1916-1956)は、1931年北朝鮮定州の五山学校に入学した。当時五山学校の学風は北方民族の文化を誇りに思い、民族精神を重んじた。そのため、李仲燮の牛の絵は舞踊塚狩猟図や高句麗壁画を連想させる。

1936年、日本に渡った李仲燮は文化学園に入学して牛の絵を積極的に描き始めた。人間より低い存在である牛が人間より知恵深いと歌った詩人白石の詩に心が打たれたからだ。

「病気になれば草原に行って草を食べる牛は、人間より霊妙であり十歩歩けば自分の病気を治せる薬があることを知っている。」(お寺の牛物語中)

李仲燮画家が描いた牛の絵は、韓国在来種の韓牛であるチックソ(斑牛)だった。チックソは葛の蔓のように、全身に黄褐色、黒、黒褐色など多様な色相の毛を持った牛をいう。1930年に詩人朴木月が作詞した童謡「子牛」の歌詞「子牛 子牛 斑牛 母牛も斑牛 母に似ている」に登場する斑牛の子牛も、韓国在来種の韓牛のチックソである。チックソは非常に力が強く、勇猛で、虎に打ち勝ったという伝説もある。

李仲燮は朝鮮を思う切ない感情が込み上がって来るたびに、牛の絵を描いた。死ぬまで一生懸命に働いて、すべてを与えてから立ち去る牛を見ながら、朝鮮民族と失われた祖国、故郷を思い浮かべた。余りにも牛の絵を愛した彼が牛とキスするのを見たという噂が出回ったりもした。

ところが、日帝時代に戦争物資(肉と毛)調達と日本の牛「和牛」を改良するために、チックソなどの韓牛150万匹が搬出され、血統がほぼ途絶えた。韓牛は和牛より骨格が大きく、従順であり、賢い。更に、1938年に韓牛の審査基準が黄色に統一されたために、韓国在来種の韓牛である「斑牛」と「黒牛」はほとんど消えた。

このように絶滅の危機に瀕していたチックソは、2013年に韓国の牙山市が人工授精で120匹余りを復元することに成功し、「硫黄チックソ」として再び私達の側に帰ってきた。今後、韓米FTAに対応できる最適な21世紀の主力畜産品の1つとして数えられるに至っています。

「平和を愛する世界人として、牛を愛せば牛が見える」中

「この世界のすべての生命は、それらを最も愛することに属ししようとしています。だから、本当に愛していないのに所有または支配することは、偽のであるため、いつかは吹き出してしまいます。」
-(2)_2~1.JPG
チックソ(左)と黒牛(右)/div>
【愛天愛人愛国シリーズ2/3】「女性運動の大母」キム・マリア
【愛天愛人愛国シリーズ3/3】天の父母様と契約の箱(み言)
【洗礼ヨハネとメシヤメーカー】鶏が先か、卵が先か
【幸せの科学】大川隆法総裁講演
【後天時代】現存最高の朱易学者・キム・ソクジン(金碩鎭、87)先生
【特集/韓日国交正常化50周年】大同亜共栄圏と蒙古斑血族連合
【真の平和の道Ⅰ】True Peace Road 2015
【天一国の統一医学】気候変動とメルスの洪水審判
ヘイトスピーチ対ラブスピーチ
2015天運相続つつじ浄化祭①
2015天運相続つつじ浄化祭レポート②
2015天運相続つつじ浄化祭レポート③
2015天運相続つつじ浄化祭レポート④
【万物の嘆きと真の主人】ネパールの邪盛大会
二つの石板と真の父母
患難のなか忠節の心情を持った真の息子と娘
私自身に勝つことが出来るのか?【天一国共同体実現】悔い改めて赦し愛して一体化
万物の真の主人「真の父母」
【南北統一の主役は女性】核兵器よりも強い真の愛
【文妍娥会長の証し】「真のお母様」
鄭充子姉、第10回40日断食のご感想(3. 30完了)
【韓半島平和のための解決策】共生と対話の対北朝鮮政策
「紅鶴の天国」ボリビア
文善進•世界会長 就任辞 要約
【偶然の一致】2015青羊の年、青い服
紀元節2周年を迎えて
神明忠昭博士のメッセージ
カイン型の文芸復興とアベル型の宗教改革
「一匹狼」イスラム国家(IS)から「群れる羊」天一国(CIG)へ
真の父母様ご来日50周年 (1965. 1. 28~2015. 1. 28)
解寃共生の祈り
解寃相生•餃子
【日本と基督教の責任】拉致監禁と人質の同時性
UPF全北発展協議会・ギム・ミョングァン会長、鮮文大に1億ウォン寄託
祝 祖国光復必勝 奉身代表者 되소서
天一国上陸作戦
仙人(真の父)と千年鶴(真の母)
文鮮明天地人真の父聖和一周年追慕詩朗唱芸術祭
霊肉合同韓日トンネルプロジェクト
韓鶴子総裁の世界巡回 / 中国・北京大会(1992年)
真のお母様のみ言と韓日中関係
一心統一平和之源
イエス様の少年時代
朔旦冬至
天一国の辞書に不可能と回航はない
クレーンズクラブ(Cranes Club)
豊山犬と珍島犬
文鮮明総裁の東京留学時代(1941. 4~1943. 9)
七八節特集
聖和二周忌特集
天一国パラリンピック
柳寛順烈士と六数
【私はこう考える】従軍慰安婦問題
【私はこう考える】日清・日露戦争と韓半島の近代化
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第1編)
【私はこう考える】集団的自衛権問題(第2編)
「救援派」を救援する「新しい真理の必要性」
天一国維新の会]
「一兆ドルの記念コイン」の証
三国統一から見た南北統一
私は何も知らないということを知っている
創造主 天の父母様に似た真の愛(主権)を実践する天一国(領土)の真の主人(民)になろう!
【天の父母様の創造性に似る】大長今(デジャングム)に見る創意性教育
人類の文明の起源は韓国(桓国)
文鮮明天地人真の父聖和一周年追慕詩朗唱芸術祭
真の父を理解するために
基元節と真のお母様の「天の父母様」宣言
悔い改めよ、天国は近づいた
ノア審判後の神の役事
文仁進任を通じた神様の摂理
「東日本大震災」東北被災地炊き出しボランティア
真の父母様の「訓読(原理)完成時代」宣布とスティーブン・コヴィー博士の「原理中心リーダーシップ」
天一国完成哲学
神との約束の地、「天一国道・国際ハイウェイ」の実現に向けて
posted by cigtimes at 06:16| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください