2019年07月19日

韓国を祝福する為の蕩減条件

한국어
経済祝福の天運は、日本を経て韓半島に流れて行くようになっているのです。

ある知韓派日本人の言葉の如く、昔は韓国が悔しくても我慢するしかなかったが、今は大きくなったので、日本に食って掛かる現象が起こり始めているのです。

慰安婦問題や徴用問題、福島産農産物WTO提訴、哨戒機葛藤、半導体などの先端技術、法律、外交等々全分野にわたって日本を凌駕するレベルまで成長したからです。

今回の「輸出規制」は、日本の言うことを聞かなかった朴槿恵政府の初期頃から企画され、本当に言うことを聞かない文在寅政府に来て、堪忍袋の緒が切れたかのように爆発したわけです。

しかし、「輸出規制」は日本が「生意気な奴!」と韓国のお尻を叩くような行為だが、結局は「打たれて奪ってくる原理」に基づいて、経済祝福を韓国に完全に引き渡すための蕩減条件になることでしょう。

このような堂々たる歴史の流れを人間の力で食い止めることはできないものの、安倍首相は自分も知らないうちに悪役を熱演しているところです。


posted by cigtimes at 17:04| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください