2019年07月20日

[証] 夢の中に現れた文在寅大統領「よろしくお願いします」

[証] 夢の中に現れた文在寅大統領「よろしくお願いします」

한국어
今日、夢の中で文在寅大統領にお会いしました。二人ともスーツでもなく普段着でもない白Tシャツとショートパンツを着た姿でしたが、文大統領はまったく違和感を感じない近所のおじさんのように見えました。

そして、私はうつ伏せの姿勢で文大統領は膝を立てて座った姿勢で、自分の部屋の中で本を読んでいる様子でした。友達よりも近い家族のような雰囲気でした。

最後に、文大統領はワゴン車に乗って帰りながら後部座席の窓を開け、顔を差し出して、「よろしくお願いします。また会いましょう」と叫びながら一生懸命手を振り続けました。

平昌五輪を控えた昨年1月2日、夢の中で文大統領にお会いして以来、今回が二度目です。おそらく輸出規制をめぐる日韓の対立が激化する中で、「応援を頼む」という言葉を伝えたく訪ねてきたではないかと思いました。

posted by cigtimes at 17:55| Comment(0) | 간증 証し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください