2019年08月10日

偽ニュース伝道師「確証偏向」

한국어
「自己確証偏向」または「自己中心的偏向」とは、自分が信じている既存の信念に準拠した情報のみを受け入れようとしたり、自分の考えに反する情報を拒否する傾向をいう。

研究結果によると、多くの人々は、自分が信じている事実と符合すると明らかな偽のニュースであっても信じようとし、その逆の場合は、いくら正しいニュースであっても頑張って拒否しようとする傾向があることが分かった。

その発生原因は「自己顕示」ねかためである。自分をより優れた存在で包装して表わしたい心理的欲求から始まる。したがって、社会的地位が高いほど自己中心的偏向が強い。家長は、自分の妻よりも合理的に判断すると信じて、校長は教師よりもはるかに広範囲に察しと確信している。

彼らは他人の主張や他のコメントには、非常に慎重に弱点をつかむて批判すると思うのに比較して、自己主張は限りなく寛大で、自分の抜け穴や欠陥を見つけるとき、突然ランタンの下が暗くなる。

このような確証バイアスの捕虜がされていないために、法では、裁判官が先入観や偏見を持たないように、複数のデバイスを置いている。その中検査が有罪と判断して起訴しても確定判決を受けるまでは、被告人が無罪であると推定しなければならないという「無罪推定の原則」が代表的だ。

したがって、普段の情報の相互検証を介して様々な視点を持った情報を取得し、バランス感覚を維持するように努力しなければならない。どのような結果が自分の理論とずれるときむしろ注目して、自分の考えが正しいという確信が強まるほど、彼と矛盾する証拠をより積極的に探して出なければならない。
posted by cigtimes at 16:18| Comment(0) | 칼럼 コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください