2019年09月26日

【摂理的同時性なのか】天一国(祖国)創建「3大試練」&曹国一家「検察捜査」

한국어
「天の王国の憲法第一条は、血統を汚さないことである。2つめの項目は、人権を蹂躙しないことであり、そして3つめの項目は、公金を盗まない、公的資産を自分のために使用しないことである。」 - 御言選集349巻 -

復帰摂理の路程においては、常に、「真なるもの」が来る前に、「偽もの」が先に現れるようになっています。キリストが来られる前に偽キリストが来るでろうと言われたのも、まさにそのためです。

従って、アモス3章7節に「 まことに主なる神は、そのしもべである預言者にその隠れた事を示さないでは、何事をもなされない 」 と言われたように、チョグク(曹国)- チョン・ギョンシム一家に対する検察捜査は、遠からず訪れるアベル型摂理をあらかじめ予告しているかもしれません。

イエス様がサタンが試した「3大試験」に勝利したように、天一国(祖国)創建の主人は、必ず「天一国憲法1条」が明示した「3大鉄則(試練)」を通過しなければなりませんが、検察捜査よりもっと厳しいかも知りません。なぜなら、霊界を通して見えない所まで徹底的に取り調べるはずだからです。

〜3大鉄則(試練)〜

「第一に、死ぬほどのことがあったとしても血統を汚してはいけないということです。

第二に、人事処置を誤って、人権を蹂躙してはいけないということです。男性であろうと女性であろうと、黒人であろうと白人であろうと平等です。人権を差別したり、蹂躙してはいけないということです。責任者たちは、自分の心にそぐわないからといって、むやみに人事処置をしてはいけません。

人権を正しく指導するうえにおいては、真の愛、ために生きる愛を持っている者が主流です。天地創造が、そこから始まったのです。その主流思想を乱してしまうことは赦すことができません。罪の中の二番目の罪です。罪のうちに第二回の罪です。

第三に、公金を盗んではいけない、公金を勝手に使ってはいけないということです。

以上の三つです。このすべては堕落したアダム個人と家庭から由来したものです。監獄に入る人の七〇パーセント以上が、この問題でそこにいるのです。監獄に入ってみれば、そうです。人権を蹂躙し、血統を汚し、男女問題に引っかかっています。その次にお金の問題、権力の問題です。お金と知識と権力が恩讐だったのです。」

posted by cigtimes at 21:24| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください