2019年11月02日

【10·30旧暦開天日】私を生贄として捧げますのでこの国を救ってください

PicsArt_11-02-11.34.34.jpg
한국어
お会いできて嬉しいです。アジアニュース代表兼ね宇宙グループ日本総本部長の金金山と申します。今日、救国・救世の一念でこの場にお集まりいただいた皆様に心より感謝申し上げます。

約3年前、宇宙グループの金時夢院長は、私を日本の総本部長として任命し、数日前には日本のマスコミを改革しなければならないと強調しました。言い換えれば、言論という「方舟」を通じて日本を救う使命を果たしてほしいという意味であります。

皆様、アジアニュースは、今からちょうど10年前、低迷する日本の経済を立て直すために立ち上がった言論であります。

それはノアが山上に箱舟を作るような無謀な試みでもありました。当時、私を理解してくれた人は一人もいませんでした。しかし私は、必ず世界を救うメディアになるという信念を一時も放棄したことがありません。

最近一ヶ月内に3回に渡って、日本を襲った台風19号、20号、21号は、まるで「ノアの洪水」と同じ摂理であります。ですので、今こそ洪水審判を受けた日本を救うための「方舟」が必要な時であります。

したがって、アジアニュースは、10年前と同じく方向を失って彷徨う日本を救うために「方舟の使命」を果たしていくという決意を表明するために皆様の前に立ったわけであります。アジアニュースは、日本の行くべき道を示す灯台となり、羅針盤のような役割を果たしていきたいと思います。

そのだめには、日本のために精誠を尽くしてくれる祭壇と祭司長が必要です。私は、「私が代わりに日本のすべての罪を払います。日本を怨んでいる恨みや不平や讒訴、このすべてを私が代わりに背負いますので、どうか日本を解放してください」と神様に祈り求める心情で臨んでいきたいと思います。

万物よりも私自身を生贄として捧げる祭壇の上に神様が臨まれ、お許しくださいますことを信じております。

今日、救国・救世の一念で、この場にお集まりいただいた皆様は、まさにこのような心情を持った真の愛国者であり、義人であり、聖人であると信じてやみません。

今日、この祭事が神のみ心に叶うように捧げられるのであれば、この瞬間から天の門が開かれ、黄金色に輝く光明の太陽が昇ってくるでしょう。そして、皆様の足跡は歴史に永遠に刻まれることでしょう。

日本は、これ以上遅くなる前に、「神の手」を掴まなければなりません。もし「神の手」を掴まなければ、来年東京オリンピックは失敗に終わり、天に奉献すべき世界的な祭事で失敗した日本は、共産化の道へ進んで行くことでしょう。

これからアジアニュースは、日本を救う「神の手」となる所存でございます。皆様、記事はどのようにして書くのでしょうか?手で書くのです。私のこの手は日本を救う「神の手」となりたいと存じます。

そうすることによって、世界大戦を起こした日本という汚名を取り除き、「世界平和の母」と呼ばれる美しい日本として生まれ変わるように導いて行きたいと思います。そういう使命を果たすように、このようにして盛大な出発式を行い、気合を入れてくださる皆様と祝辞の機会を与えてくださった金時夢院長に感謝の気持ちを伝えながら、これをもちまして私からの祝辞に代えさせていただきます。

temp_1572530568770.jpg

posted by cigtimes at 11:58| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください