2020年06月16日

金子文子女史の墓及び朴烈義士記念館訪問記(6月14日)

PicsArt_06-16-02.52.52.jpg
14日、栄進ニムが金子文子女史の墓で深い祈りを捧げた後、朴烈義士記念館を見学しました。最後に、金子文子さんの霊が美智代さんに入り、死刑宣告の裁判を再現した模型のところに行き、椅子に座って心境を語り始めました。

金子文子:悔しい。悔しい。悲しい。悲しい。彼らは私たちを犯人に仕立てたかったがゆえに、私たちを選んだのでしょうか?彼らは私たちに何を願ったのでしょうか?韓国を第一に愛する私に、韓国を憎めというのですか?

日本は、日本が韓国をこのようにしておきながら、私たちの責任にするのですか?日本人が悔しい、悔しい、悔しい!日本人で悔しい、悔しいと思う。日本人として死ぬのは、嫌だㅡ、嫌だㅡ!日本人であることが、嫌だㅡ!悔しいㅡ!嫌だ、嫌だ、嫌だよㅡ!日本人が嫌だよㅡ!悲しい、悲しいㅡ!この身を捧げても、尚부족한(韓国語で語りました。足りない)、私は悲しいㅡ!(・・・)憎みたいのに、憎めない。

金金山:日本が?

文子:お母さん。

金:自分を捨てたから?虐待したから?

文子:母も悲しい人だから。憎めない。(・・・)あの、体が欲しいです。私も(体が)欲しい。(・・・)あのね、楽になります、私。

PicsArt_06-16-02.53.07.jpg
朴烈に何かを届けたいのか、髪の毛を触り、手を伸ばして何かを捧げる動作をする。

文子:あのね、お願いがあります。日本を潰す!

金:どうやって潰すの?

文子:日本を潰すのよ。あの人を殺せばいいんでしょう。

金:誰?

文子:偉い人よ。

金:天皇?

文子:それよ。でもね、日本は潰せられないよ。潰されないね。強いよ。強い。私は負けない!あの人を殺す。あの人がいなければいい。日本を変えていかなくてはいけないでしょう。殺せばいいのよ。あの人がいなければ変わるでしょう。

(文子は、自分の願いが叶わなかった恨みや執着ゆえに、未だに過去に住んでいる様子でした。)

金:韓国が日本より強くなっていけばいいでしょう。殺しても殺してもまた他の人を立てるでしょう。お陰様で、今は韓国がどんどん日本より強くなっているんですよ。

文子:私が間違ったんでしょうか?何を間違ったんですか?私は間違っていません。正しく生きました。何事も正しく生きました。

金:間違ってないよ。そのときはそうするしかなかったでしょう。ずいぶん遅くなったけど、今は立派な記念館も出来て、皆さんは文子さんの精神を尊敬していますよ。日本人の中でも文子さんを尊敬する人がたくさんいる。

文子:あの人は弱いよ。本当に。あの人はいきなければいけない人です。

金:朴烈?

文子:朴烈さん。あの人が頑張って私の願い(韓国人も日本人も人間らしく「平等」に愛すること)をやって貰わなくてはなりません。あの人を生かしてください。

金:朴烈のような人が30人いれば、韓国は強くなるでしょうね!今は、朴烈さんを尊敬する若者がたくさんいるんですよ。

文子:あのね、私、生きたかったよㅡ!生きたかったよㅡ!生きたかったよㅡ!

金:人は名前を残すでしょう?文子さんは中身のある人生を生きましたね。ただで死んでいく人も沢山いるのに。文子さんを忘れませんよ。文子さんの魂は皆の心の中で生きているんだよ。永遠に。

文子:生きたい!生きたい!生きたい!生きたい!(朴烈と一緒にもっと長く生きたかったという切なる心情を表現)

お願い!あの人(朴烈)に教えてね。私、「愛してましたよ」、と教えてね。

金:そうだね。知っているよ!


この後、栄進ニムが文子さんの霊を霊界に連れて行かれた感じです。10億円以上かけて博物館を建て、追悼式を行ってきたが、お二人の霊は未だに解放されず、恨みを抱いたまま彷徨っていましたが、やっと解放され光復の日を迎えました。これこそがお金で計算できない「奇跡」ではないか?


◎獄中短歌/金子文子

皮の手錠をはめ暗室に閉じ込められた飯の虫
たった一言も嘘は書かねど
在ることをただ在るがままに書いただけなのに
ぶつぶつと言いながら刑務官は消してしまう
(事実を)言わぬのがそんなにお気に召さぬのなら
なぜに事実を消し去らざるや

◎朴烈

転べば転ぶ程
丸く大きくなる
雪だるま

PicsArt_06-16-02.52.29.jpg

posted by cigtimes at 15:00| Comment(0) | 섭리스페셜 摂理スペシャル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください