2014年02月28日

お父様の38度線誓い「南北を私の手で統一します」

한국어

私は、三十八度線を越える時に
祈祷した言葉を忘れません。

「天の父よ!私は北韓に来てみ旨を成すことができずに
敗者のつらさをもったまま、
しかし、またこの地を訪ねてこなければ
ならないことを知っています。
たとえ私が、三十八度線の北側に
行くことができなくても、
私の思想を植えて後孫を行かせます。
彼らが行くことができなければ、
私に従う弟子を送って行かせます」

と、そのような決心をしてきたのです。

そして十年の歳月を一日のごとく、
今まで戦ってきたのです。
私が天の前に誓って出発した歩みは
皆さんとは違うのです。
両手で三十八度線の土をすくい、
「必ずこの手で共産党を消化し、
何年かのちには必ず戻ってくる」
と決意しました。

「私のこの手で自由世界を収拾し、
糾合して、北韓を解放するぞ」
と祈祷したのが、昨日のことのようです。

三十八度線に両足でまたいで立ち、泣きながら
「南北を私の手で統一します」と誓いました。

私のために精誠を尽くした
故郷にいる母と父と兄弟を後ろに残して来ながら、
「この親不孝者が再び帰ってくる日を待っていてください、
死なずに待っていてください」
と念じ、北韓の地を離れてきたことを、
私は忘れないでいるのです。
남북통일을 위한 기도
답설야중거(踏雪野中去)
갈지자 소나무
조국광복 전우야
천년학
물방울 속 나라
posted by cigtimes at 00:00
"お父様の38度線誓い「南北を私の手で統一します」"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: